2020.07.02

肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)

奈良県医師会 中垣公男 肩腱板は上腕骨頭(じょうわんこっとう)という腕の骨の上部分と肩甲骨(けんこうこつ)をつないでいる腱です。肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)の4つの筋から成り立っています。このうち棘上筋腱は、肩峰(けんぽう) ...続きを読む

2020.06.18

糖尿病患者さんにビッグニュース!

奈良県医師会 赤井靖宏 糖尿病は今や日本人の10人に一人が患っているといわれる病気です。糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気です。血糖値が長期間にわたって高くなると、全身の血管が傷つきます。その結果、腎臓が悪くなったり、心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなったりします。そんなことにならないように、糖尿病を ...続きを読む

2020.06.04

お薬はどうやってみんなが使えるようになるか?

奈良県医師会 赤井靖宏   みなさんが服用されるお薬は、「効果があってかつ副作用が少ない(安全である)」ことが重要です。このため、医師がお薬を処方できるまでには数段階のテスト(「治験(ちけん)」)が行われます。今回はこの「治験」について解説します。 まず、お薬の候補物質は平均5-8年間かけ ...続きを読む

2020.05.21

住民の方へ「新型コロナウイルスに関する情報」

「医師が答える新型コロナウイルスのギモン」 奈良テレビ『ゆうドキッ!』より 奈良テレビ放送の情報番組「ゆうドキッ!」で新型コロナウイルス感染症に関する特集が放送されました。 新型コロナウイルス感染症に関する県民からの下記の疑問などに、安東範明・奈良県医師会副会長が詳しく解説しています。 ⇒ 新型コロ ...続きを読む

2020.05.21

新型コロナウイルス感染症の行方

奈良県医師会 安東範明 ハーバード大学の研究チームは4月14日の科学誌「サイエンス」で、新型コロナウイルス感染症の流行は医療体制が現在と変わらず治療法やワクチンがない場合は2022年まで続く可能性があると予測しています。そして感染拡大を防ぐためには社会的距離「ソーシャル・ディスタンス」すなわち人との ...続きを読む

2020.05.02

新型コロナウイルス感染拡大防止のCMを制作しました

このたび、奈良県医師会で「新型コロナウイルス」感染拡大防止のCMを制作しました。 You Tubeのほか、奈良テレビ放送の番組「ならフライデー9」(毎週金曜20:57~)のほか、5/24(日)~5/31(日)放送の奈良テレビの様々な番組で放送されます。   新型コロナウイルス感染症編  ...続きを読む

2020.05.01

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、足の静脈の血管が太くなり、こぶ状に浮き上がって見える身近な病気です。体には、血液が流れる2種類の血管である動脈と静脈があります。心臓から体全体に血液を送る血管を動脈と呼び、体のすみずみまで送られた血液を心臓に戻す血管が静脈です。 静脈瘤が足に出来やすいのは、人が立って生活していることが ...続きを読む

2020.05.01

緑内障

緑内障は徐々に視野が狭くなる目の病気です。国内では中途失明の原因として2002年から緑内障が1位となっており、推定の患者数は465万人と言われています。 緑内障という名前の由来については諸説あります。古代ギリシャのヒポクラテスが「目が地中海の海のように青くなり、やがて失明状態となる」と記述している説 ...続きを読む

2020.04.16

じんましん

奈良県医師会 中村義行   じんましんは突然、皮膚の一部がくっきりと赤く腫れて盛り上がる病気です。多くの場合、かゆみを伴います。また、一般に、数時間から1日以内に跡形もなく消えてしまうことが多いのが特徴です。 私たちの体には、体内に侵入した異物から体を守る働き(免疫)が備わっています。じん ...続きを読む