2019.04.18

ピロリ菌と胃の病気

奈良県医師会 溝上晴久 「ピロリ菌」という言葉を、一度は聞いた事があると思います。正式には、ヘリコバクター・ピロリという名前で、人間の胃の中に生息している体長約0.004mmの小さな細菌です。生まれたばかりの赤ちゃんの胃の中にはいません。感染時期は、まだ免疫力が弱い5歳頃までの乳幼児期で、成人になっ ...続きを読む

2018.05.10

鉄欠乏性貧血について

県医師会    井上 孝文  〝貧血〟と聞いて皆さんはどういう状況を頭に思い浮かべますか。学校の朝礼で気分が悪くなって倒れる生徒さんや、体調の悪い時に熱い風呂に長く入ってフラフラするような場面を想像される方が多いのではないでしょうか。これらはいわゆる〝脳貧血〟という状態で、脳の血流量が一時的に低下し ...続きを読む

2017.08.04

経鼻内視鏡検査

 県医師会   城井 啓  本邦に多い胃十二指腸疾患に対し胃カメラは有用ですが、ピロリ菌感染者数減少に伴い増加している逆流性食道炎の診断にも優れた検査です。しかし、胃カメラは苦手という方が多いのが実情です。そのため、近年鼻から胃カメラを行う『経鼻内視鏡』が開発され、スクリーニング検査を中心に広がって ...続きを読む

2017.05.19

受けていますか? 大腸がん検診 ―大腸内視鏡施行医の立場からー

 県医師会   橋本 恵介  がんの中で大腸がんの割合は徐々に増えてきています。部位別がん罹患数では、男性が第3位・女性が第2位(女性は胃がんを抜いています)で、部位別がん死亡者数に至っては、女性が第1位、男性が第3位です。今や、3人に1人ががんになる時代と言われており、他人事とは到底思えません。ど ...続きを読む

2016.07.22

大腸CT検査とは~仮想大腸内視鏡検査~

県医師会  溝上 晴久  40歳以上の方に「あなたは胃の検査をした事がありますか?」と質問すると、多くの方が胃内視鏡検査又は胃バリウム検査のどちらかを受けた経験があると回答されます。ところが大腸検査は、「検査が痛い」「前処置の下剤が大変」「検査が恥ずかしい」などの理由で受診率がまだまだ低く、進行がん ...続きを読む

2016.02.19

かくれ虫垂炎(ちゅうすいえん)について ~経過を見ることの重要性~

奈良県医師会 勝山 慶之  発症直後、診断がつきにくく、時間経過とともに、さまざまな症状・所見が出現して確定診断に至る。こういうことは日常の診療場面でしばしば遭遇します。したがって、確定診断に至るまでは、いろいろなことを想定して、安静、食事制限 体温測定、急変時の連絡、場合により入院などを患者さんに ...続きを読む

2015.08.24

「神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)」その2

奈良県医師会 岩井 務  神経障害性疼痛の治療は薬物療法・神経ブロック・手術療法があります。  痛みの治療を行う際に、最も一般的に実施される治療は「薬物療法」です。薬物療法に用いる主な薬剤には、神経障害性疼痛治療薬、非ステロイド性消炎鎮痛剤、オピオイド、ステロイド、鎮痛補助薬、麻酔薬などがあります。 ...続きを読む

2015.07.02

〝謎の食中毒〟その原因は…

奈良県医師会  村井 孝行  2000年頃から西日本を中心に、ヒラメやマグロなどの刺身を食べた数時間後、一過性に嘔吐(おうと)・下痢(げり)などを起こす食中毒が年間60件ほど報告されていました。ところが、その原因となるウイルスや細菌などが、検出されることはありませんでした。そのため〝謎の食中毒〟とま ...続きを読む

2015.06.05

ピロリ菌感染症

奈良県医師会 鹿子木 英毅  ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜に存在する細菌で、様々な病気の発生に関係することが知られています。1982年にこの菌を発見した2人の医師には後にノーベル生理学・医学賞が授与されました。  最初にピロリ菌との関連が証明された病気は胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸 ...続きを読む

2015.04.17

僕のことをお忘れではありませんか?〝セアカゴケグモ〟です! 

奈良県医師会  村井 孝行  セアカゴケグモは、元々は日本に生息していないはずの生物(外来生物と呼びます)で、さらに毒グモということもあり、「外来生物法」という法律で「特定外来生物」に指定されています。  セアカゴケグモは、1995年に日本国内で初めて、大阪府高石市でその生息が確認され、現在は定着し ...続きを読む

2013.12.06

内痔核(ないじかく)の治療法、 輪ゴム結紮法(けっさつほう)について

奈良県医師会 波江野 善昭  寒くなると痔が悪化して来院される患者さんが目立ちます。そこで、今日は痔の治療法のひとつの「輪ゴム結紮法」についてお話しします。  痔には大きく分けて直腸から皮膚までに及ぶ外痔核と、直腸粘膜面までの内痔核があります。外痔核は普通痛みが強く、内痔核は排便時に飛び出し出血する ...続きを読む

2013.11.08

赤ちゃんの臍(さい)ヘルニア

奈良県医師会 七浦 高志  出生後、臍(へそ)の緒が乾燥して取れた後、臍の根元が十分に閉鎖されていない場合があります。その閉じていない臍の根元の孔(あな)を通って、泣いたり力(りき)んだりした時に、小腸や大網(だいもう:胃の周囲の脂肪組織)が腹膜と皮膚に覆われ脱出して、臍が膨(ふく)らんだ状態になり ...続きを読む