2015.03.11

僕のことをお忘れではありませんか?”セアカゴケグモ”です!

 ”セアカゴケグモ”は、元々は日本に生息していないはずの生物(外来生物と呼びます)で、さらに毒グモです。1995年に日本国内で初めて大阪府高石市でその生息が確認されました。奈良県においても2003年に確認されており、今や全国47都道府県中37都府県で、その生息が報告されています。  セアカゴケグモの ...続きを読む

2014.01.29

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

 ロコモティブシンドローム、略して〝ロコモ〟。一般の方にはまだなじみのない言葉かもしれません。筋肉や骨、関節などの運動器官の障害によって介護が必要な状態、あるいはその一歩手前の状態になってしまうことです。加齢に伴う関節の変形や筋力の衰(おとろ)え、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などが主な原因です。 ...続きを読む

2013.01.29

骨粗しょう症治療をコツコツ続けましょう

 高齢化に伴い、日本の骨粗しょう症の患者さんは年々増加し、その数は現在約1280万人と推測されています。しかし、そのうち治療受けている患者さんは20%程度と言われています。  骨粗しょう症になっていても患者さんに自覚症状が少ないため、気づかないうちに骨の量が減少し、転倒などの軽い衝撃でも骨折してしま ...続きを読む

2012.07.18

こむら返り

ふくらはぎ(場合によっては、すねやもも)の筋肉がつることを、俗に「こむら返り」といいます。「こむら」とは、ふくらはぎをさす古語です。こむら返りは極めてありふれた現象ですが、そのメカニズムは、まだ十分には解明されていません。おそらく、こむら返りを起こす筋肉をつかさどる運動神経に原因があるのだろう、と現 ...続きを読む