ノロウイルスにご注意ください

2016.12.28

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、特に冬季に多く発生し、注意が必要です。

 

【感染経路】
 感染者が調理した汚染された食品を食べることや、感染者の便や吐物に触れた手を介して人から人に感染します。

 【予防について】
 手洗い
   
調理前後、食事前、トイレの後などに、手をしっかり洗いましょう。

 おう吐物などの処理
   
ウイルスに感染している人の便や吐物は、必ず手袋等を使用して処理し、ペーパータオル等で拭き取り、
   次亜塩素酸ナトリウムで消毒後、水ぶきしてください。拭き取ったペーパータオル等は塩素系漂白剤で消毒し、
   ビニール袋に密封して捨てましょう。
   また、下痢などの症状がある場合には、食品の取り扱いに従事しないようにしましょう。

 

ノロウイルスに関する詳しい情報は以下のサイトもご参照ください。

 奈良県感染症情報センター

 厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」

 

県民のみなさまへお知らせへ戻る