会長挨拶
会長挨拶
役員一覧
桜井地区医師会への地図
介護保険
大規模災害行動マニュアル
がん地域連携クリティカルパス
虚血性心疾患地域連携パス
難病患者支援ネトワーク会議
健康保険(作業中)
桜井地区医師会所属医療機関
桜井地域産業保健センター
学校医・学校保健
情報開示
会員医師の作品コーナー

がん地域連携クリティカルパス
1.連携パスとは
「がん地域連携クリティカルパス」とは地域のかかりつけ医と病院の専門医とが、がん患者の診療情報を共有できる診療計画表のことで、その疾患に必要な治療や検査が盛り込まれています。連携パスを上手く活用して、かかりつけ医と専門医が協力してがん患者の診療を行います。
 現在、奈良県では、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、肝細胞がんの5大がんについて奈良県がん診療連携協議会を中心に連携パスが作成されています。
 連携パスには、医療者用と患者用があり、奈良県では、乳がんを除いて患者用連携パスを『私のカルテ』と呼称しています。

2.連携パス運用の目的およびメリット
地域連携パス運用の目的は、連携パスを運用することで、患者・家族と各医療機関ががん患者さんの診療情報を共有することにより、患者・医師が共同で診療に取り組んで連携施設の機能分担を行うことです。
そのメリットは、患者さんご自身も病気の状態や診療計画を理解できることです。さらに毎回遠方の専門病院に通院する必要がなく、充分な時間をとって患者さんの健康状態を一番よく知っているかかりつけ医で専門医と同等の診療を受けることができことがあります。
また、病状に変化があった時でも適切に対処ができるなど、安心して診療を受けて頂くことができるようになります。

3.連携パス運用の対象
病院入院中あるいは通院中のがん患者さんで、今後の診療をかかりつけ医と病院医師が共同で、あるいはかかりつけ医主体で診て行くことが可能かつ必要があると考えられる患者さんで、患者ご本人の同意を得られた方を対象とします。 

4.連携パス運用の実際
連携先の決定
「私のカルテ」を使用した「がん診療連携」が始まります。日頃かかりつけ医として受診される診療所や病院、利用される保険薬局、訪問看護ステ−ション等を主治医やスタッフと話し合いながら決めていきます。
「私のカルテ」は、連携している病院・医院などの医療機関だけでなく、その他の医療機関(風邪でたまたま受診・歯科・眼科など)を利用される時にもご持参下さい。また、訪問看護ステーションのスタッフとの連携にもご利用ください。
「私の情報」のペ−ジに記入して下さい。
患者さんのがんに関する情報は、「情報共有書」に記載されています。
何か症状が出現した時は、かかりつけ医又は連携医療機関を受診してください。緊急の場合には緊急時の連絡先に連絡ください。
「私のカルテ」に記載されている日常生活上の注意を守りましょう。
共同診療計画表に従って、診療が進められて行きます。表に受診先、受診時期が記載されていますので、それに沿って。専門医とかかりつけ医を受診してください。
不明な点、疑問点があれば、記載されている連携コーディネーターにお尋ねください。
連絡メモには、患者さんが記録しておきたいことや、訊ねたいことなど、自由に記載してください。
薬貼付用紙は、お薬手帳をお持ちでない時にご利用ください。
検査結果貼付用紙には、受診時に検査結果をもらった時に検査結果を貼付しましょう。
患者さんの大切な情報が詰まった「私のカルテ」は患者さん自身のものです。どの医療機関を受診する折にも携行するとともに、紛失されないように注意して下さい。紛失の責任はご自身にありますので、大切に保管してください。
「私のカルテ」が不要になった場合には、ご自身の記録として保管されるか、または患者さん・ご家族の判断で個人情報として適切に処分してください。