その咳止め、本当に必要ですか?

インフルエンザやコロナウイルス感染症の流行に伴い咳止め薬が不足し、ご希望どおり処方しにくい状態が続いています。でも、その咳止め本当に必要でしょうか?

ウイルスが原因の上気道炎を広くカゼ症候群と呼び、ここでは単にカゼとします。カゼは普通の健康状態であれば自分の免疫力で自然に治ります。カゼをひいたとき、あなたの体は必要にせまられて咳をしています。口や鼻から原因ウイルスが侵入し喉で炎症を起こし、それを排出しようとして咳をしているのです。痰が絡んでいるときは、痰を出そうとして咳をしています。そういった自然の反応である咳が軽度の場合は、無理に止める必要はありません。

さらに咳止めは咳を止めるだけではなく、いろいろな内臓の動きを止める副作用が出ることがあります。便秘したり、尿が出にくくなったり、唾液の分泌を止めて口が乾いたりすることがあります。使用量や日数が増えるほどこれらの副作用が強く出ます。副作用が出ない範囲で適度に使うのが良いと考えます。

また、本当に咳止めがカゼの咳に効果があるかはよく分かっていません。カゼ自体は薬を使わなくても治る病気であり、本当に咳止めが効いたかどうかは、比較対照試験が必要ですが、大規模な試験はこれまで行われていないようです。

咳がつらいときはハチミツをおすすめします。ハチミツは市販の咳止めと比べて同じぐらいの効果があるという比較対照試験があります。実際には2から3グラム程度を白湯に溶いて飲むと良いです。ただし、ハチミツは一歳未満の乳児には与えないでください。腸内細菌叢(そう)が未発達のためボツリヌス中毒の危険があります。

なお、慢性肺疾患などのため咳が病状を悪化させ生活に支障をきたし、どうしても咳を止めたいという人がおられます。その人にとって咳止めは必要な薬です。必要な人に薬が行き渡るよう、ご自身のその症状に本当に咳止めが必要かどうか今一度考えてみてください。