下肢静脈瘤は治療できます

奈良県医師会 石川千紗都

足のふくらはぎなどに「静脈瘤(りゅう)」というボコボコした血管が浮き出ている方はいませんか?

「下肢(かし)静脈瘤」は以前は「命に関わらない病気なので、そのままでいい」と言われていました。

しかし、静脈瘤になるとまずは足のむくみや冷え、重だるさが出てきます。夜中にこむら返りが起こりやすくなり、皮膚が茶色くなったり、かゆみをともなう湿疹(しっしん)ができたりします。さらに放置すると、潰瘍(かいよう)を形成したり、出血や感染を起こすことがあります。

また、静脈瘤のある方が、長時間座ったままの体勢を続けていると、足の深部静脈という太い血管に、血栓ができやすくなることも分かっています。もし、何か手術を受けないといけなくなったとき、術後の血栓のリスクが増えます。また車や飛行機で長く移動するときに、じっとしていると、知らないうちに血栓ができて、足がパンパンに腫(は)れ、赤く痛みをもつことがあります。足の血栓が剥(は)がれて、肺まで飛ぶと、肺塞栓(そくせん)という息が苦しくなる病気を引き起こします。肺塞栓は命に関わることがあります。

ではなぜ静脈瘤ができるのでしょうか?静脈瘤とは、足の静脈にある「弁」という扉のような組織が壊れることによって起こります。心臓から足先へ栄養を送った血液は、次は重力に逆らって心臓へ戻らないといけません。

しかし、弁が壊れると、血液は心臓へ戻れなくなり、また足先へと逆流してしまいます。この逆流した血液が行き場を無くし、ふくらはぎにどんどん溜まっていくと、静脈瘤という血管の瘤(こぶ)ができて、その中に血液がたまってしまうのです。

静脈瘤は「女性に多い」と言われていました。これは赤ちゃんがおなかにいる間に、足の弁が壊れやすくなるためです。また、長時間の立ち仕事をされている方、例えば調理師さんや美容師さん、デパートの販売員の方などにも多くみられます。遺伝の影響も言われており、ご両親に静脈瘤がある方は、お子さまにも静脈瘤ができやすい傾向があります。その他、肥満や便秘なども静脈瘤の危険因子となります。

今は昔と違い、静脈瘤の治療が簡単になりました。カテーテルという道具を使い、悪くなった静脈の内側から治療することで、傷も小さく日帰りで治療できるようになっています。

手術に抵抗がある方は、弾性ストッキングを履くことで、足のむくみや重だるさを軽くすることができます。弾性ストッキングはサイズや素材がたくさんあり、自分に合ったものを選ぶのが大切です。

また、足の動脈の血管が詰まっているかどうかで、適切な圧も変わってきますので、自分で判断せず医療機関を受診し、今の足の状態に合ったストッキングを見つけてもらうことをお勧めします。

足のむくみが減ると、坂道や階段を歩くのが軽くなります。夜中にこむら返りで悩んでいる方も、静脈瘤の治療をすると、こむら返りが起こらなくなります。足のボコボコが気になり、スカートや短パンを履けなかった方も、治療をすることで着たい服が選べるようになり、活動範囲が広がっていきます。

前に静脈瘤を診てもらったときに、「放っておいていいと言われたから」と諦めている方はいませんか?血管内治療はどんどん進化しています。この機会に、またきれいな足を取り戻しましょう!!